中古パソコン・中古ノートパソコンならアルフシステム

よくある質問

Q: リカバリ方法の違いってなに?
Q: 「OS:なし(別売)」ってどういうこと?
Q: どのWindowsをインストールしたらいいの?
Q: 「ジャンク品」って何?
Q: 商品の保証期間はどのくらい?
Q: 購入後のサポート期間は?
Q: OSのインストールだけしてもらうことはできる?
Q: 商品のチェックは行っているの?
Q: 商品状態に書いてある“色バケ”“色ムラ”ってどんなの?
Q: 不具合が発生した時はどうしたらいいの?
Q: 説明書がないのはちょっと不安...
Q: CD/DVDドライブのちがいは?(「Comboドライブ」ってナニ?)
Q: 海外で使うことはできますか?
Q: 増設メモリの規格がよく分からない

技術的な質問
Q: Windowsのインストールは完了したけど画面の解像度が低い
Q: Windowsのインストールは完了したけど音が鳴らない
Q: メモリーがBIOSでは4GB認識したが、Windows上では3GBと認識される
Q: Windows上でハードディスクの容量が少なく表示される
Q: OSのインストールができない
Q: Disk to Diskリカバリの起動方法が分からない
Q: Disk to DiskのHDDが壊れた場合どうすればいいの?
Q: ライセンス認証ってなに?
Q: WindowsXPのインストール時にHDDが見つからない
Q: 接続されているHDDが「マイコンピュータ」に表示されません
Q: Windows Updateでエラーが出てインストールできない

当ウェブサイトの質問
Q: 購入しようとしたがエラーメッセージが表示されて購入手続きができない

プロジェクターの質問
Q: プロジェクタはどの程度の明るさ(ルーメン)ものがいいの?


リカバリ方法の違いってなに?
当店で販売しているOS付き商品には、リカバリ方法の違うものが3種類あります。

・リカバリCD(DVD)・・・メーカー純正のリカバリCD(DVD)が付属します。
付属のメディアから起動させリカバリを行います。(メーカーによりリカバリ後、ドライバディスクを必要とするものがあります)

・DtoDリカバリ・・・Disk to Diskリカバリの略称であり、HDD内にリカバリ領域が存在するタイプです。
メーカーによりリカバリの起動方法には違いがあります。

・OSメディア・・・当店にてOSをインストールした商品です。
【MicrosoftRegisteredRefurbisher】を利用した正規OSを使用しています。
付属のCDから起動しOSをインストール後、デバイスドライバを適用する必要があります。 (ご購入後、付属の用紙を必ずお読みください)
「OS:なし(別売)」ってどういうこと?
新品でパソコンを購入すると、Windowsは既にインストールされたままになっています。しかし中古パソコンではOSの利用ライセンスの譲渡がなされていないので、HDDには何もインストールされていないままです。そのためPC本体とは別にOSを購入しなければならないのです。
どのWindowsをインストールしたらいいの?
WindowsはWindows95から最新のWinodws8.1までいろいろとありますが、現在中古で多く流通しているパソコンですとWindows7がオススメです。初めてパソコンを使われる方であれば、Windows7から入られてもよいかと思います。
OSの入っていないパソコンの場合、デバイスドライバの適用が必要な為、機種によってはOSの種類などによりすべての機能が使えない場合があります。
「ジャンク品」って何?
ジャンク品は「当店の検品において正常動作がなされないことを確認した商品」です。動作に支障がない程度の故障ならそれを明示した上で販売しますが、ジャンク品はかなり豪快に故障・破損しています。どんなことがあろうとも返品・交換・クレームは一切ご法度なので、かなりPCに知識のある人でないと購入は避けたほうがいいでしょう。
当店のジャンク品の商品ページには【ジャンク】アイコンが貼って有ります。
商品の保証期間はどのくらい?
中古品の保証期間は商品発送後30日です。新品はメーカーの保証期間に準じます。ジャンク品は保証対象外です。保証期間を経過してからのクレームは受け付けられません。また外観上のキズなどについても保証対象外です。
購入後のサポート期間は?
商品発送後30日間となります。
各固有のソフトウェアなどのお問い合わせはメーカーにお問い合わせください。
また、OS無し商品をお買い上げの場合、OSのインストール方法やデイバスドライバの情報などは有償となります。
【サポートについて】
OSのインストールのみしてもらうことはできる?
可能です。作業費用は3,240円で、それに往復の送料が必要です。HDDを初期化して、指定のOSのクリーンインストールを行います。ただし、正規のライセンスが必要です。正規のライセンスがなければ別途OSを購入していただくことになります。
商品のチェックは行っているの?
もちろん行っています。入荷時に商品の外観的な検証と動作検証を行って、出荷前に再度動作検証を行っています。出荷時の検証は

1.CD(DVD)からDOSモードで起動
2.HDDの領域確保とフルフォーマット
3.CD-ROMの読み込みテスト

を行っています。これでたいていのエラーは確認できますが、一部確認しきれない項目もあります。もしエラーが見つかった場合は、弊社サポートまで連絡してください。
商品状態に書いてある“色バケ”“色ムラ”ってどんなの?
色バケ,色ムラ共に液晶が劣化している状態で、色バケは画面が全体的に黄色っぽかったり赤っぽかったりなどで(モノによって違いがあります)、色ムラは画面の一部が暗かったり明るくなっていたりする状態のことです。
当店では程度によって小、中、大で記載しており、チェック時には白い画面を表示させた状態で見た場合のことであり、程度によってはOSを入れた状態だとほぼ判別できない場合もあります。
不具合が発生したときはどうすればいいの?
まずは当店のサポートまでメールにて連絡してください。当店のアドバイスで解決する場合もあります。機械的な不具合と思われる場合はいったん商品を返送していただき、当店で検証を行います。不具合が確認されれば返品・修理・交換となります。

もし当店に連絡なしで修理を行った場合、それにかかった費用は購入者の負担となります。
説明書がないのはちょっと不安...
多くの中古パソコンにはマニュアルが付属していませんが、実はメーカーのウェブページからダウンロードできます。全てがダウンロード可能というわけではないけど、とりあえず探してみましょう

Lenovo(IBM)
富士通(コンシューマモデル)
富士通(ビジネスモデル)
東芝
NEC
デル
hp(Compaq)
CD/DVDドライブの種類がよく分からない...
CDは基本的にCD-ROM・CD-R・CD-RWという規格しかなかったですが、DVDにはRAMやらRWやら、いろんな規格が乱立しています。ドライブによって対応しているメディアが異なりますが、そのドライブの呼称もメーカーによってマチマチだったりします。アルフシステムではDVDフォーラムが正式に定めた呼称と、e-Wordsに掲載されている呼称で各ドライブを表記しています。

中でも問い合わせに多いのは「Comboドライブってナニ?」というものですが、下表の通り、「CD-ROMの読み込みと、CD-R/RWの書き込みと、DVD-ROMの読み込み」ができるドライブです。DVDへの書き込みはできません。

メディア
CD-ROM CD-R/RW DVD-ROM DVD-RAM DVD-R/RW DVD
+R/RW
BD-ROM BD-R BD-RE
ドライブ CD-ROM × × × × × × ×
CD-RW × × × × × × ×
Combo × × × × × ×
DVD-ROM × × × × × ×
DVD±RW × × × ×
DVDMulti × × ×
BD-ROM × ×
BD-R ×
BD-RE

読み込み・書き込みともに可能
読み込みのみ可能
× 読み込み・書き込みともに不可
海外で使うことはできますか?
海外で運用する場合、気をつけなければならないのは電圧と周波数とプラグの形状です。実は電圧100Vで運用しているのは日本ぐらいで、海外では110V~240Vが主流です。よほど古い機種(目安としてはPentium(1)以前)でない限り、パソコンは100V~240Vに対応しているので電圧での問題は気にしなくても問題はないですが、万全を期すならば変圧器を用いたほうが無難です。

周波数は国内では50Hz(東日本)と60Hz(西日本)の2種類ですが、海外も2種類の周波数があります。主流は50Hzですが、北米は60Hzだったりします。でもパソコンに関しては50Hz・60Hzの両方でいけるものがほとんどなので、あまり気にしなくてもいいでしょう。でも一応は確認を。

あとプラグ(いわゆる「コンセント」)ですが、コレは国によっていくつかの種類があります。物理的な形状が異なっていると、当然ながらプラグを挿すこと自体ができません。プラグの形状を変換するアダプタがあるので、そういったものを利用することになります。変換アダプタは旅行グッズをとり扱っている店にあります。空港でも入手できるはずです。
増設メモリの規格が分からない
DDR SDRAMではメモリチップの規格とメモリモジュールの呼称が異なってしまったので、DDRが主流になると、それら二つの呼称が混在してしまうようになってしまいました。

メモリチップとメモリモジュールの対比表は右記の通りです。基本的に両者は同じものを指していると考えて問題はありません。例えば"DDR333"と"PC2700"は同義だということです。

メモリモジュールの規格 メモリチップの規格
PC2100 DDR266
PC2700 DDR333
PC3200 DDR400
PC2-4200 DDR2-533
PC2-5300 DDR2-667
PC2-6400 DDR2-800
PC3-8500 DDR3-1066
PC3-10600 DDR3-1333
PC3-12800 DDR3-1600
PC3-14400 DDR3-1800
PC3-16000 DDR3-2000
Windowsをインストールしたけど画面が小さく表示される、Windowsをインストールしたけどサウンドが出力されない
どれもデバイスドライバが正しくインストールされていないからです。PCによって必要とするデバイスドライバは異なりますが、まずはPCのメーカーのウェブページでデバイスドライバを探しましょう、以下リンク先ファイルを参考にしてください。

デバイスマネージャで状況確認(pdf169KB)>>
メモリーがBIOS上では4GBと認識したが、Windows上では3GBと認識される
32bit版のWindowsは3GBまでしか利用できない為にそのような表示になります。
Windows上でハードディスクの容量が少なく表示される
Disk to Diskリカバリ機種の場合、リカバリ領域としてある程度の容量を使われています。
またパーティションが分割されてる場合、分割した領域が使用可能な状態になっていないとマイコンピュータ上にディスクアイコンが表示されません。
OSのインストールができない
OSのインストールは基本的にはCDから起動させてインストールを始めます。しかしBIOSの設定で起動デバイスの順番がCD-ROMよりもFDDやHDDが優先に設定されていた場合はCD-ROMからの起動ができません。その場合はBIOSの設定値を変更しなくてはなりません。

またCD-ROMドライブが搭載されていないPCにOSをインストールするには、DOSの中級者以上の知識が必要になります。DOSの知識がないのならば当店のインストールサービスをご利用ください。
Disk to Diskリカバリの起動方法がわからない
すべての機種や手順にあてはまるものではありませんが、実機にて確認済みのモノについてのみ【 コチラ 】に掲載しております。
メーカーサイトにてリカバリ方法の記載がある場合や、商品付属のマニュアルには手順が記載されているかと思いますのでそちらもご参照ください。
Disk to DiskリカバリのHDDが壊れた場合どうすればいいの?
Disk to Diskリカバリタイプのパソコンの場合、HDD内にリカバリ領域を内蔵している為、もしもHDDそのものが壊れてしまった場合、HDD交換などをしてOS再セットアップが出来なくなります。そのような場合に備えて、商品によってはバックアップメディアを作成することが出来る機能がついているものがあります。機能がないものに関しては他の手段を用いる必要がありますが、 いざという時の為に事前に対策をおこなっておくことをオススメいたします。
Windowsのライセンス認証ってなに?
Windowsを使用するには、ライセンス認証(アクティベーションとも呼ばれます)をしないと使用できません。ライセンス認証が必要な場合は、ポップアップなどで認証を促すメッセージが表示されます。ポップアップをクリックなどすると、以下のよう認証手続きのウィンドウが表示されますので、メッセージに従い認証手続きを行ってください。
認証手続きに関しましては、こちらのMicrosoftサポートページをご参照ください。

WindowsXPのインストール時にHDDが見つからない
SATA HDDを使用しているPCにおいて、BIOS上ではHDDの認識がされているのに、WindowsXPをインストールする時に、「ハードディスクが見つかりません」などのメッセージが表示される場合は、BIOSでの設定の変更もしくはドライバのインストールが必要です。

「BIOSで設定を変更が可能な場合」
BIOSでの設定が可能な場合は下記リンク先の手順を参考に設定を変更した上で、OSのインストールを行ってください。
BIOSでのAHCI/ATAの切り替え設定方法(pdf124KB)>>

「ドライバインストールの必要がある場合 」
BIOS上で設定変更が出来ないBIOSを搭載している機種の場合は、インテル・マトリクス・ストレージ・マネージャーのドライバのインストールが必要となります。

こちらのDELLダウンロードサイト>>SATA項目内のIntel - Driver のMatrix Storage Manager - Notebooksをダウンロードし、 外付けUSB-FDDドライブを使用しこちらの手順>>を参考にインストールしてください。
インストール時にファイル選択画面が表示される箇所は、【82801HEM/HBM SATA AHCI Controller】を選択してください。

※なお外付けFDDに相性問題があり、こちらで確認した限りメルコ製ではインストールできませんでした。富士通製では成功していますが、その他のメーカー含め、相性問題の責任は負いかねます。
接続されているHDDが「マイコンピュータ」に表示されません
HDD単体で販売されているようなバルク品などは、フォーマットし領域を作成する事によりHDDが認識されます。

【方法】
Windows「スタート」メニュー、「マイコンピュータ」上で右クリック

表示された項目から「管理」を選択

表示された「コンピュータの管理」画面の左ツリーメニュー内
「記憶域」内の「ディスクの管理」を選択

表示されている該当のHDD上で右クリックをしフォーマットや
パーティションの作成などの処理を行う。
Windows Updateでエラーが出てインストールできない
MicrosoftがWindowsXP SP3以外のサポートを終了している為、Windows UpdateはSP2の状態などでは利用出来ないようになっています。
Windows Updateを利用する為には、下記リンク先よりSP3インストールパッケージをダウンロードして実行してください。
【WindowsXP Service Pack 3ダウンロード】

上記SP3インストール後もWindows Updateが利用出来ない場合などは、下記リンク先「詳細」項目にあるお使いのOSに該当するファイルをインストールする事によりWindows Updateが利用可能となります。
※こちらのファイルをSP2のままインストールしてもWindows Updateを利用可能
【Windows Updateエージェントバージョン 7.4.7600.226】
購入しようとしたがエラーメッセージが表示されて購入手続きができない
購入しようとしたときに何らかのエラーが表示される場合、まずはパソコン本体の内蔵カレンダーと内蔵時計が正しく設定されているかをご確認ください。

カレンダー・時計が正しく設定されている場合は、ブラウザのCookieが原因となっている可能性があり、それらを削除する必要があります。削除の方法はブラウザごとに異なるので、下記のリンク先を参照してください。
(Cookieの消去によって、当サイト以外のウェブサイトで自動ログインの再設定が必要になることがあります)

InternetExplorer7
InternetExplorer6
Firefox2.0
Safari2
プロジェクタはどの程度の明るさ(ルーメン)ものがいいの?
表示させたいスクリーンサイズの[インチ×30]で出た数値がおおよその目安になります。
投影する部屋の明るさなどの条件によって変わってきますので、明るい部屋で投影したいのであれば、出来るだけルーメン値の高いものを選ばれる方が良いでしょう。

例:60インチ×30=1800ANSIルーメン

スクリーンサイズ早見表<単位:mm>
インチ 4:3サイズ 16:9サイズ
40
813×610
885×498
50
1016×762
1107×623
60
1219×914
1328×747
70
1422×1067
1549×872
80
1626×1219
1771×996
90
1829×1372
1992×1121
100
2032×1524
2214×1245

こんにちは、ゲストさん  ログイン マイアカウント